ニキビ跡が残ってしまう原因について - ニキビ跡をどうにかしたい

ニキビ跡をどうにかしたい > ニキビ跡が残ってしまう原因
ニキビ跡をどうにかしたい

ニキビ跡が残ってしまう原因について

お肌に残ってしまう嫌なニキビ跡なんですが、ニキビ跡ってそもそもどういった原因で起こってしまうものなのでしょうか。
ニキビ跡ができてしまう原因を知ることによってニキビ跡を改善する方法が見つかるかもしれませんよね。
ですから何事においても原因を知るということはとても大切なことなのです。

まずニキビ跡には種類があります。
ニキビ跡として赤みが残ってしまうものやシミになってしまうもの、クレーターのようにでこぼこになってしまうものなどがあります。
そしてそれぞれのニキビ跡のタイプによってニキビ跡ができる原因は違ってくるんですね。

まず赤みができてしまうニキビ跡についてです。
赤みが出来るというケースが一番多いように感じます。
そんな赤みのニキビ跡の原因ですが、実は二つあるんですね。

一つ目としてまずお肌にある毛細血管が拡張され、そして増生されてしまうということです。
毛穴のつまりによるニキビは炎症を起こしてしまう原因となります。
そして細胞が破壊されると免疫反応により傷ついてしまった部分を治そうとして毛細血管が増えてそれによって赤みがかかって見えてしまいます。
また二つ目は血液が関係しています。
炎症がお肌の奥にまで届いてしまうと赤みのある色素沈着となってしまうのです。

お肌のターンオーバーを正常化して、そしてお肌の状態を整えてあげることによって赤みのあるニキビ跡は改善することができます。
普段の生活習慣に加えてお肌のケアが大切です。
またシミのようなニキビ跡ができてしまう場合はメラニン色素の色素沈着によるものとなっています。

top